Polar Verity SenseがZwiftで途切れる2パターン

2023年12月31日Zwift心拍計Polar

POLAR社のVerity Sense心拍計
Polar verity sense

Polar Verity Senseは非常に安定していてZwiftでも途切れ知らずでしたが、2年間使用していて何回か通信が途切れたことがあります。

この記事では、その時の状況と対策をご紹介します。しっかりと対策をして快適にZwiftしましょう。

Polar Verity Senseが途切れるパターン

これまでに途切れたのは3回で、2パターンありました。

  1. システムが不安定な時、
  2. バンドの装着位置が悪い時

詳しくご紹介します。

システムが不安定なとき

グループライド中にシステムが不安定になり、断続的に途切れたことがありました。

Zwiftで通信エラーが起こっているときの画像
2023年8月のエラー
2024年1月のエラー

画像のように心拍計だけでなく、パワーメーターも同時に途切れるパターンです。周りのライダーも消えたりしています。

ネットワークエラーが記録されたZwiftのライドレポート
白丸のあたりでネットワークエラーになった
Zwift画面
ライダーが消えている

ライドレポートでも断続的な途切れを確認できます。

このエラー発生時、海外の友人も

  • 買い替えたばかりのPCでも落ちた、
  • 周りのライダーがすべて「N.Valid」という名前で同じキットのアバターになった

と言っていたので、Zwiftとの通信状態が全体的に混雑していた(輻輳していた)と言えます。Zwiftサーバーのステータスページにも障害記録は残っていません。

エラー発生の記録

これまで断続的に途切れてしまうエラーは2回ありました。いずれもコマ送り状態になってから、パワーメーターと心拍データが同時に途切れました。

日時場所ライド種類
2023.8ScotlandGroup Ride
2024.1WatopiaGroup Ride
エラーの発生記録

対策としてできること

この対策としてできることは、ネットワークの帯域(回線速度)をなるべく高めることです。一般道を高速道路にするイメージです。

Zwiftの公式HPには、推奨される回線速度の記載があります。

Zwiftに必要な回線速度
  • 回線速度:3Mbps以上
  • ping:50ms未満

【注意】Zwiftサーバーがあるアメリカ西海岸との回線速度です

気を付けたいのは、アメリカにあるZwiftサーバーとの回線速度であることです。国内の回線速度は良好でも、アメリカ西海岸との通信速度が足りていないこともあります。

国内での回線速度計測結果
国内サーバーとの回線速度
アメリカ西海岸との回線速度計測結果
アメリカ西海岸との回線速度

筆者は最大1Gbps(マンション全体で)となる回線契約をしています。国内通信では580Mbps(ping:2.7ms)でも、アメリカ西海岸にあるサーバーで計測すると133Mbps(ping:112ms)でZwift基準を満たせませんでした。

ping値も高く、操作の遅延や画面のカクつき、コマ送りの原因となっています。ネットワークゲームを楽しむにはより速い回線のほうが望ましいです。

センサーの位置が悪いとき

パワーメーターが正常表示なのに、心拍だけ瞬間的な途切れが発生する場合があります。これはバンドの位置が原因です。

Zwift中に心拍計データが途切れたことを伝える画像
Polarが一瞬途切れたケース

これまで2回このパターンに遭遇しましたが、いずれもセンサーの位置が上腕二頭筋の真下にありました。

二の腕上の心拍センサーの位置を示す画像
上腕二頭筋の真下につけるのはやめましょう

力の入れ具合によって凹んだり形が変わりやすい場所です。バンドをずらしてセンサーの位置を変えることで対策できます。

まとめ

Polar Verity Senseは非常に安定している心拍計ですが、Zwiftのシステムが不安定だったり、センサーの位置が悪いと途切れることがあります。

ネットワーク環境とセンサーの位置をいま一度見直して、快適にZwiftを楽しみましょう。

Polar verity sense
Polar Verity Sense 心拍計
口コミや価格チェックは各サイトで

Zwift心拍計Polar

Posted by Zippy