Zwiftでステージレースに参加する方法

2024年3月19日Zwiftライドレース

Zwift Chasing E3 Saxo Classic
Chasing E3 Saxo Classic

オンラインサイクリングアプリZwiftでは、ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアのようなステージレースを楽しむことができます。

この記事ではその参加方法や完走のコツなどお伝えします。憧れのツールをZwiftで走ってみませんか?

Zwiftのステージレースとは?

Zwftで行われるステージレースは、実際のプロツアー日程に合わせて開催される「Chasing Tour 2024」です。

Chasing Tour 2024 top page
画像出典:Chasing Tour 2024

3月から11月まで開催される年間レースで、プロツアー日程に合わせてレース日程が組まれています。開催されるレースは表のとおりとなります。

ステージレース
()内はステージ数
ティレーノ・アドリアティコ(6)
ツール・ド・ロマンディ(6)
ジロ・デ・イタリア(18)
ツール・ド・スイス(6)
ツール・ド・フランス(21)
ツール・FEMMES(7)
ブエルタ・ア・エスパーニャ(18)
ステージレースリスト

ツールやジロといったステージレースが山岳ステージならChasing Tourも似たような構成の山岳を走り、個人TTならChasing Tourも個人TTとなります。

ただルートは4分の1くらいに短く、獲得標高も抑えてあります。あくまでツアーファンが、プロ気分を味わいながら楽しむレースとなっています。

また、パリ~ルーベといったワンデーレースのZwift版も開催されます。

ワンデーレース
ストラーデ・ビアンケ
ミラノ~サンレモ
E3サクソバンク・クラシック
ヘント〜ウェヴェルヘム
ドワルス・ドール・ヘット・ハーヘラント
ロンド・ファン・フラーンデレン
パリ~ルーベ
アムステルダム〜ロッテルダム〜アムステルダム
ラ・フレーシュ・ワロンヌ
リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ
クラシカ・サンセバスチャン
グランプリ・ド・ケベック
グランプリ・ド・モントリオール
イル・ロンバルディア
ワンデーレースリスト

さらに大注目の世界選手権のZwift版(個人TT&ロード)、そして2024年はオリンピックレース(同)も行われます。

参加方法は?

参加するには選手登録が必要です。公式HPから行います。

英語ではありますけど、メールアドレスを登録してZwiftアカウントと連携させればOKだったと記憶しています。

Chasing tourの公式HP
REGISTERをクリックして登録

その際、ZwiftIDというのが必要になります。

登録すると「レースパス」と呼ばれる選手専用のエントリーページにアクセス出来るようになります↓

Chasing Tourのスタート時間
エントリーページ

各レース/ステージは時差に対応するために4回(/日)開催されます。サマータイム中は1時間早まります。

  • UTC10時半:日本時間19/18時半
  • UTC13時:日本時間22/21時
  • UTC18時半:日本時間3/2時半
  • UTC1時:日本時間10/9時

レースはタイムではなくポイント制

このChasing Tourは、全レースに参加できなくても失格にはなりません。忙しい市民のためのレースなのです。

そして合計タイムではなく着順で決まるポイントで争われます。ツアーによって与えられるポイントは異なります。

ポイントが少ないレースは抑えるなど作戦がとても重要です。

Chasing Tourの結果
ポイントで争われるChasing Tour

本気のチームが上位に名前を並べます。

Chasing Tourの面白いところは?

Chasing Tourの面白いところは、ステージレースと同じ醍醐味を味わえることです。

脚力別に5カテゴリに分かれて競う(カテゴリは運営側から指定されます)ので、相手に不足はありません。

Chasing Tourのタイムライン
ステージレースのように日々参加する

ガチなファンはチームで参加して、逃げを作ってライバルに追わせたり、連続アタックでつぶしに来ます(つぶされた経験あり)。

筆者もチームを組んで、逃げたり逃したりしてプロチーム気分を楽しんでます。

ちなみにクローズドレースゆえに参加メンバーはほぼ固定。回数を重ねるごとにライバルの脚質も丸見えになります。

私のカテゴリでは重いパワーライダーが多いです。あとは「突っ込み型」とか「後半温存型」といった性格の違いもあります。

完走のコツは?

レースに参加するにあたってお勧めできること、コツなどご紹介します。

ウォーミングアップはどうする?

Chasing Tourは全カテゴリが一斉スタートします。しかも同じゲートからヨーイドン!です。

このスタートが本当に厄介。上位カテゴリのロケットスタートに引っ張られて、みんな1分くらいは全力なんです。

同じカテゴリライダーがどこにいるのか、よく見極めながら走ってください。そしてウォーミングアップをしっかりしておかないとスタートで脚が終わります。

20分くらいはのんびり走って身体を温めておきましょう。

ペース配分は?

ロケットスタートで必要以上に消耗しないようにして、同じカテゴリメンバーについていきましょう。ドラフト活用は必須です。

そして勝負どころは山岳とは限りません。山岳アーチでホッとしてると下りで不意打ちのアタックがあったりします。

周りをよく見て走りましょう。

補給と回復について

レース前に軽く食べてエネルギー補給しましょう。脚がつりがちな人はポカリなどで電解質も。

筆者は食べ過ぎないようにして胃腸の負担を減らし、ビオフェルミンで腸活しています。

まとめ

Zwiftでツアーレースを楽しむ方法をご紹介しました。Chasing Tour2024は途中参加もできます。

ぜひ一緒にレースを楽しみましょう。ツールやジロといった本格的なステージレースはこれからです。

参加・登録は公式サイトから↓

Zwiftライドレース

Posted by Zippy