自転車の時速、距離、走行ルートを記録するならGPSサイコン

2021年9月14日サイコンGarmin,RAILACTIVE

自転車に乗っていて、

  • 時速何キロ出てる?
  • 走行距離は?
  • 消費カロリーは?
  • 走行ルートやデータを記録したいけど?

と思ったことありませんか?それ、サイクルコンピューターで全部わかります。

GPSサイクルコンピューターとは?

サイクルコンピューター(略してサイコン)は、ひと言でいえば「自転車のスピードメーター」です。最近のものはGPSセンサーを内蔵しているので、車輪に面倒な配線をしなくともスピードを計測してくれます。

大きさは腕時計よりもひと回り大きいくらい。

GarminEdge130Plusとvivoactive3の画面サイズを比較している画像
ガーミンのサイコン130Plusと腕時計

実際に自転車に取り付けると、こんな感じに見えます。

Garminのサイクルコンピューター130Plus
Garminのサイクルコンピューター130Plus

上から距離、走行時間、時速、心拍数、現在時刻です。表示する情報は、多くしたり減らしたり、並べ替えたりと自由に変更できます。

電池は充電式で最長30時間持ちますので、日帰りのサイクリングにピッタリ。

Garmin 130Plusの使い方

Garmin 130Plusの使い方は、簡単です。

まず本体左にある電源ボタンを押すとロゴと共にGarmin130Plusが起動します。次に本体下にある「▶」のボタンを押して「ロード > スタート」と進むとGPS補足を開始します。

Garmin Edge 130Plus

GPSの補足が終わったら、再度本体下の「▶」ボタンで計測スタート。計測終了も「▶」ボタンです。保存するときは、本体の右側面にあるボタンで「保存」を選択してから「▶」ボタンで保存されます。

予めスマホにGarmin Connectアプリを入れておけば、スマホやPCでデータを確認できます。

走行したルートが地図上に表示されたり、高度、速度、心拍数(センサー別売り)などのデータも閲覧できます。

楽しく運動を記録できます。

まとめ

自転車で走ったルート、距離、速度などを計測してくれるサイクルコンピューターをご紹介しました。Garmin社は老舗GPSメーカーなので、安心して使うことができます。

130Plusはエントリーモデルで機能は絞られていますが、肝心な計測性能は上位モデルと変わりありません。信号待ちになれば自動的に一時停止、走り出せば自動で再開してくれる機能もあります。

Garmin 130 Plus
Garmin EDGE 130 Plus
口コミや価格チェックは各サイトで

なお、ゴム製の取り付けバンドは付属していますが、純正アームで取り付けることをおすすめします。

Garmin アウトフロントマウント
【純正】Garmin アウトフロントマウント
口コミや価格チェックは各サイトで

サイコンGarmin,RAILACTIVE

Posted by Zippy