Zwift中に心拍計が途切れてしまう問題を解消する

2021年10月3日パワーメーター4iiii,Garmin

Zwift中に突然パワーや心拍計が途切れてしまう「通信落車」という現象。集団走行中に発生するとちぎれて戻れなかったり、ワークアウト中であればNG判定になりかねません。

この記事を読んでしっかり対策し、快適にレースやワークアウトを楽しみましょう。

ZwiftのANT+が途切れる原因

ANT+は2.4GHz(極超短波)という周波数で通信する規格です。

【解説】ANT+とは
ガーミン傘下の会社が開発した通信規格「ANT」を改良したもの。スリープ機能を備えていて低消費電力。ボタン電池で長時間運用できるので、小型フィットネス機器と相性がいい。Bluetoothはペアリングして1対1で通信するのに対して、ANT+はペアリング不要で複数デバイスと一度に通信できる。

この2.4GHzという周波数、直進性が高く、壁などで反射してモノの後ろに回り込んだりします。障害物があっても届きやすいため、家具などがある屋内で使うには非常に優れていてWifiや電子レンジにも使われています。

ここで問題なのは、同時に使ったときに互いに打ち消し合ったり、重なりあって強くなったりしてしまうのです。

これが「通信落車」が起こる原因です。

実際、Zwift中に電子レンジを使うと「60w」や「0w」表示になって「あれ?あれ?」となります。

電子レンジ落ちしたワークアウトを紹介する画像
ワークアウトの前半にレンジ落ち

1分もレンジで温めて(0w状態で)いれば、集団からは千切れます。ワークアウト中であればNG判定になるでしょう。

この干渉、Zwiftのせいではないのですが、Zwiftがおすすめの対策方法をHPで公開していますのでご紹介します。

Zwift公認の「ANT+」通信対策

Zwift推奨の方法とは、出来るだけ通信距離を短くすることです。

つまり、スマートトレーナー(パワーメーター)とPC間の距離を近づけるのです。これが有効である理由は、

電波強度は距離の2乗に反比例する

という法則があるからです。

つまり、通信距離を半分にできれば電波強度は理論上4倍に、3分の1に出来れば電波強度は9倍になるのです。トレーナーとPCを近づけることは、シンプルですが大変有効なのです。

どれくらい近づければいいの?という疑問について、Zwiftは、

90cm以内

を推奨しています。USB延長コード等を活用して通信距離を出来るだけ短くしてください。

USB延長ケーブル
USB延長ケーブル(画像はAmazonより)

そして電力不足にもご注意ください

USBハブで分岐したUSBにつないでいるケースです。USBへの電力供給が足りなくなって正常動作しない可能性があります。USBハブではなく、PCのUSBの端子に直でつなぐようにしましょう。

Zwift公式ページにも注意記載があります。

ANT+ドングルは500mAを使用すると最もスムーズに機能します。

Zwiftサポートページ

最後に、心拍計やパワーメーターの電池残量が少ないと電波強度が弱くなります

ANT+アダプタ、Zwiftに何の問題もないのに、認識しない場合は電池の残量不足の可能性があります。心拍計を充電したり電池交換されてから再度お試しください。

USB延長ケーブルで通信落車なし

実際、通信距離を1.4mから95cmに(電波強度は2倍以上に)して電子レンジを使ったところ、パワーダウン症状もなく超安定でした。

「本当にレンジ使ってる?」と何回も確認したくらい変化なしでした。数百円でビックリするくらい安定しますので、ぜひ試してください。

Amazonブランドの延長ケーブル↓

どうしても改善されない場合

延長ケーブルの設置や電池交換といった対策をしても効果がない場合、Zwift公式のサポートページを参考に対策をしてみてください。

【参考】Zwiftサポートページ
>BluetoothとANT+信号の干渉に関するトラブルシューティング

公式HPには、電子レンジだけでなくサーキュレーターやワイヤレス機器、非シールドケーブルなど電波干渉の原因はいくつもあると書かれています。

個人的に確実だと感じているのは、Bluetooth接続の製品を使うことです。

Zwift公式サイトにも、

Zwiftは、BluetoothやANT+または両方を経由して通信することで、一連のハードウェアに対応します。どちらも同じように機能しますが、Bluetoothはより強い信号を送信する傾向があるようです。

Zwift公式サイトより

という記述がある通り、Bluetoothの方が通信が安定する印象があります。Bluetooth心拍計についてはこちらの記事で紹介しています↓

まとめ

Zwift中にANT+通信が落ちてしまう対策をご紹介しました。ANT+の途切れで悩んでいる方は、すぐにUSB延長コードで対策してください。

Zwift中に家族が電子レンジに近づいても安心して漕ぎ続けられます。