自転車でお尻が痛くなる方へサイクルウェアのご紹介

2018年3月30日サイクルウエアSantic,サドル,痛み

自転車に長い時間乗っているとお尻が痛くなる方は多いのではないでしょうか?その原因は主に2つあります。

  1. サドルの形状や高さが合っていない
  2. 筋肉や皮膚が弱い

サドルの形状や高さに関しては、サドルを交換したりポジションを調整することで改善されることがあります。また、筋肉が皮膚が弱い初心者の場合は、サイクルウエアを活用することで痛みを軽減することができます。

そこで今回は、痛みを軽減するサイクルウェア、クッション付きのインナーパンツとレーサーパンツをご紹介します。

インナーパンツとレーサーパンツの違い

インナーパンツとレーサーパンツを並べた画像
インナーパンツとレーサーパンツ

インナーパンツとレーサーパンツの主な違いを表にまとめました。

比較項目インナーパンツレーサーパンツ
履き方下着として着用単独で使う
履き心地ボクサーパンツのよう
よく伸びて履きやすい
ビシッとしていて
太ももが加圧される感じ
クッション
(パッド)
あり
メッシュ生地
サドルと同じ形状
あり
起毛処理されている
漕ぎやすいよう前が薄い
価格1400円前後3000円~
表)インナーパンツとレーサーパンツの比較

それぞれを詳しく見ていきましょう。

履きやすさの違い

サイクルパンツの生地を比べるために並べた画像
インナーパンツとレーサーパンツの生地

インナーパンツは柔らかいメッシュ生地で伸縮性があり、下着感覚で履くことができます。ただ、股間からお尻にかけて厚めのパッドがついています。普通のパンツとサドルカバーが一体化した商品と言えます。

一方のレーサーパンツは、長時間走り続ける競技でも使われるサイクルウェアです。しっかりした厚めの生地で、空気抵抗を減らすためにピッチリとしていてタイトな着心地です。

パッドの形状の違い

インナーパンツとレーサーパンツのパッドは、大きさや形、表面処理も異なります。

サイクルパンツのパッドを比べるために並べた画像
レーサーパンツのパッドにはムレ防止の穴があけられている

インナーパンツのパッドはサドルと同じ形をしています。まさに「パンツ+サドルカバー」といった商品です。

レーサーパンツのパッドは、カチカチの硬いサドルでも痛みを感じないように座骨まわりが厚くなっています。そして他は薄くすることで、クッションと漕ぎやすさを両立させています。

パッドの表面の違い

サイクルパンツのパッド表面を比べるために並べた画像
Santicのパッド表面は起毛処理がされている

インナーパンツのパッド表面はメッシュ生地です。スポーツウエア、あるいはリュックの背中側のような生地が使われていて通気性があります。

レーサーパンツのパッドは起毛処理されていています。長時間座っていても皮膚との擦れを起こさないように、柔らかい生地になっています。ところどころに小さな穴を開けることで、通気性を確保しています。

痛くならないのはどっち?

どちらの方が快適なのか、実際に40kmの2時間サイクリングで検証しました。

インナーパンツの感想

日常的な使い方を想定して、ジーパンの下に履いて検証しました。座るとすぐに柔らかいことに気づきます。ふわふわの座り心地で、路面の凸凹も角が取れてお尻に優しい。

痛みはこれまでの半分くらいと言えます。20kmまでなら何の問題もありません。

レーサーパンツの感想

レーサーパンツはメーカー想定通りに単独で履きました。同じようにクッションを感じますが、パッドの形状がよく考えられていて漕ぎやすいです。

ジーパンとインナーパンツのように2重にならないのでムレることもなく、最後まで快適でした。

まとめ

自転車でお尻に痛みを感じる方のために、インナーパンツとレーサーパンツという2種類のサイクルウェアをご紹介しました。どちらも痛みの軽減に役立ちます。

漕ぎやすさと蒸れにくさを重視するならレーサーパンツを、カジュアルに使うならインナーパンツをおすすめします。

DABADA インナーパンツ
DABADA インナーパンツ
口コミや価格チェックは各サイトで

レーサーパンツは種類が豊富で迷います。筆者が初めてレーサーパンツを買ったのは「Santic」という海外メーカの商品でした。後に、日本メーカ「パールイズミ」を購入したら着心地が結構違うことに気づきました。